私たちが『騰がる銘柄』を入手できる理由

代表の若林が40年近く兜町で築いた証券業界の人脈により、
私たちは「大小の証券会社合わせて9社の投資戦略」を共有することができます。
各社ともディーラールームへの携帯電話の持ち込みは禁止されていることから、
出勤前の各社ディーラーと連絡を取り合い『ディーラーが近々狙う銘柄』を収集しています。

また、各ディーラーの元には「大口ファンドの資金移動」に関する情報が集まります。
「◯◯億円ほどの資金を持つファンドAが銘柄Bに株価◯◯◯円で仕込んでいる」という『ファンド銘柄』は、
極めて高い確率で中長期で上昇曲線を描きます。

会員様には、私たちが厳選する20前後の『ディーラー銘柄』を毎日共有し、
月に1〜3本ほど入手できる『フォンド銘柄』を随時配信しています。
ディーラー銘柄の傾向と対策」をご参考に証券会社が動かすダイナミックな相場を体験し、
投資ファンドの戦略」をご覧いただき、ファンドが描く上昇銘柄の強さを実感いただければと思います。

【過去のファンド銘柄】2016.7.20更新

RVH【6786】

600円前後を上下する2016年1月、会社側からファンドに株価上昇の打診。 1,600円を目標に仕掛け開始し、最終的に年初来高値1,699円に到達。

Bガレージ【3180】

2016年4月中旬頃から大手ファンド2社による合同での仕掛けを把握しレポート配信。その後、800円台から1,400円台に達する。

ブランジスタ【6176】

上場来最高値15,850円をつけた後の大幅下落で4,000円台中盤に落ちた時点で短期筋の仕掛け情報を入手。約2週間で9,950円に届く短期的な急上昇を。

ヘリオス【4593】

iPS再生医薬品を扱う当社にバイオ・創薬系のファンドが2015年末に着手。その後、評価会社の目標価格の引き上げ等により継続した上昇を見せる。

「東京銘柄メールマガジン」のご購読をお希望の方はこちら

「東京銘柄メールマガジン」の活用法

厳選された「確信のある仕手銘柄」に絞った投資戦略と資産管理をご提案

【配信内容&活用方法】
私たち「東京銘柄」からは以下の2種類の情報を配信いたします。

■ディーラー銘柄 (=デイトレ銘柄)
毎朝と毎夕刻の2通を配信。朝に証券ディーラーが短期で狙う約20銘柄を厳選配信し、夕刻に上昇した銘柄の手口やディーラーの思惑をご紹介。『ディーラー銘柄』の傾向と対策を参考に、約20銘柄の中から「ディーラーが仕込み&仕掛けを行う銘柄」を見つけ、デイトレードで狙ってください

■ファンド銘柄  (=スイング銘柄)
中長期でファンドが仕掛ける銘柄レポートを月1〜2本配信。その他、対象となる銘柄の進捗やファンドの動向を随時配信。配信後、無理のない範囲でエントリーポイントを見つけ、その後の推移により利益確定のタイミングを見計らってください。



過去のメルマガの内容は東京銘柄ブログを参考にしてください。
メルマガ会員の登録をご希望の方は登録フォームよりお申込み頂けます。 

運営チームのご紹介

情報の収集とメルマガ配信や自己資金の運用など、私どもは3名がそれぞれの役割を持ち活動しています。
画像をアップロード

若林 徹

代表・証券アナリスト
大手国内証券会社の営業として入社。取材力と分析による銘柄選定が認められ証券アナリストに転身。その後、1988年に証券会社を設立。21年間続けた証券会社経営を退き、2010年より人脈・知識を強みに証券会社9社とのネットワークを活かした情報配信サービスを行う組織を運営。
画像をアップロード

白石 健次郎

証券ディーラー
同志社大学 経済学部卒。大手証券会社で証券ディーラーとして14年間活躍し、トータル42億円の利益を残す。IT会社取締役を経て現職。得意とする分野は不動産関連の市場分析。1975年生まれ、3児の父親。
画像をアップロード

向井 浩

証券アナリスト
株式市場の動向を日々ウォッチしつつ、企業活動や消費の現場にも足を運ぶ。証券ディーラーやアナリストと昼夜問わず情報交換を続けることに喜びを感じ、同時に最大の強みであると自負しています。

メルマガ購読者の声

東京銘柄メールマガジンをご購読される方からご意見をいただきました。

毎日更新する東京銘柄ブログ

「東京銘柄」で 短期&中長期トレードを制する

大口投資家は「証券ディーラー」と「投資ファンド」の2つに大きく分かれます。
それぞれの仕掛け方(儲け方)は、全く別の特徴があります。
私たちが配信する「ディーラー銘柄」と「ファンド銘柄」の情報をベースに
その戦略と対象銘柄を把握、投資スタイルに合わせた確実な利益へとお繋げください。
topic2

『ディーラー銘柄』傾向と対策

記事をすべて読む
topic3

『ファンド銘柄』の戦略

記事をすべて読む